2拍子5連タッチドリブル

「2拍子5連タッチドリブル」とは

「2拍子5連タッチドリブル」の理論

ゼロスピードから「2拍子」の5回連続タッチでトップスピードに加速するドリブルを「2拍子5連タッチドリブル」と呼んでいます(※「2拍子」の考え方はホーム参照)。この「2拍子5連タッチドリブル」はゼロスピードからトップスピードに2拍子で加速するときの最速のドリブルとなります。サイトをご覧いただいている皆さんも一度試してみてください。

ギアドリ
ギアドリ

スピードがあがるとボールタッチが大きくなるので、2拍子で5回連続タッチする「2拍子5連タッチドリブル」はけっこう難しいです!

 私の「2拍子5連タッチドリブル」

私(サッカー好きの40代男性)の「2拍子5連タッチドリブル」です。1タッチで始動、2タッチで加速、3タッチで加速、4タッチで維持+中へカットイン(フェイク)、5タッチで縦に突破をイメージしてます。YOUTUBE「メッシさんのドリブル教室https://youtu.be/VHY7y7_d4dM」で最初に流れるドリブルと大体同じ動きです(もちろんクオリティーは全然劣りますが…)。

なお、「2拍子5連タッチドリブル」の習得には「加速タッチ」が必要となりますが、加速タッチについては「加減速スキル」を参照ください。 

メッシの「2拍子5連タッチドリブル」

Spectacular exhibition by Lionel Messi in a 2004/05 Barça B derby

メッシの2拍子5連タッチ【FCバルセロナ公式ページ】※40秒あたりから2拍子5連タッチドリブルが流れます

「サッカーあるある・・・」と「スピードコントロール」

ボールタッチが大きくなりすぎて「ディフェンスに先に触られた」とか「エンドラインを割ってしまった」

という経験は絶対ありますよね?「2拍子5連タッチ」を練習するときには、「2拍子5連タッチ」の後はボールコントロールを失うところまでスピードを上げてください(6回目のタッチはもう無理という状態です)。自分自身のスピードの限界を把握するのに良い練習になりますし、加速するスピードも少しずつ上がっていくと思います。

ドリブルのスピードや移動距離に尺度をもっている人は少なく、ドリブラーと呼ばれる人は感覚的にスピードや移動距離(ディフェンスとの間合い)を理解しています。

ギアドリ
ギアドリ

「2拍子5連タッチドリブル」はスピードや移動距離の尺度になります

「2拍子5連タッチドリブル」は2歩に1回ボールタッチするドリブルなので、スピードや移動距離は毎回同じくらいになります。一方で、トップスピードに加速するドリブルが、2拍子だったり4拍子だったり(場合によってはそれ以上だったり)する人のドリブルはスピードと移動距離が毎回変わるので尺度にはなりません。「ディフェンスに先に触られた」「エンドラインを割ってしまった」を繰り返してしまいます。

 

ドリブルスピードのコントロール

「2拍子5連タッチドリブル」をルックアップした状態でできるようになってきたら、次は、減速の仕方を覚えていきます。当サイトはシンプルに「空踏み(=ボールにタッチしないで地面を踏む)」を使って減速することをお勧めしています。

ギアドリ
ギアドリ

例えば、「2拍子3連タッチ→1空踏み」、「2拍子2連タッチ→1空踏み」でスピードを調整する感じです

「空踏み」によるドリブルスピードコントロール①

参考動画①です。2拍子3連ドリブル→空踏みインサイド→カットインです。特別なフェイントは入れていませんが、抜くためのフェイントになっているかと思います。

「空踏み」によるドリブルスピードコントロール②

参考動画②です。2拍子3連タッチ→1空踏みアウトサイド→2拍子2連タッチ→1空踏みインサイド→インサイドです。特別なフェイントは入れていませんが、抜くためのドリブルになっていると思います。

「空踏み」によるドリブルスピードコントロール③

参考動画③です。2拍子3連タッチ→1空踏みアウトサイド→1空踏みインサイド→インサイドです。こちらも特別なフェイントを入れていませんが、抜くためのドリブルにはなっていると思います。

 

いかがでしょうか?自分の最速ドリブル「2拍子5連タッチドリブル」が出来たら、あとは減速手段の「空踏み」を使い「2拍子○連タッチ」を選択するだけのシンプルな考え方です。

ドリブルが苦手という方は「ステップを踏むのも苦手」という人が多いような気がしますが、ステップは「空踏みアウトサイド」と「空踏みインサイド」を2回連続で入れるとステップになりますので、試してみてください。

また、「空踏み」してからだとフェイントがいれやすくなります。理由は「空踏み」によりスピードダウンすることで「間」ができるからです。この理屈は「空踏みアウトサイド」のページで確認してください。

練習したフェイントが試合で使えないという方は、フェイントする前に空踏み入れるとスムーズに技に入れると思います。厚かましく言うとフェイントを最大限生かすために「2拍子5連タッチドリブル」を練習してみてください。

ギアドリ
ギアドリ

「2拍子5連タッチ」ドリブルをするために必要となるのが「加速タッチ」です。「加減速スキル」で説明していますので確認してくださいね。

【スポンサーリンク】

タイトルとURLをコピーしました